Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【無いなら作る1】海外・現地(ブラジル)の材料でわらび餅を作る【わらび餅・きな粉・黒蜜の作り方】

 

海外生活は日本と勝手が違うことも多く、楽しくも苦労が多いもの。

海外生活で、困ることの一つが「どうやって日本食を調達するか」ということではないでしょうか。

何年海外で暮らそうとも、慣れ親しんだ日本食を恋しく思う人は多いはず。

日本人や日系人が多く住む地域であれば、きっと日本食在も調達しやすいでしょう。

ただ、私のように日系人すらいない地域(ブラジル南部の田舎町)であれば、食材の調達すら難しいです。

今回は、日本食在が手に入りづらい地域に住んでいる方のために、現地食材を使って「わらび餅(もどき)」と「きな粉」「黒蜜」を作る方法を説明します。

知恵と工夫があれば、現地の材料でも日本食は作れます!

日本食材が手に入らない方、日本食材が高いのでなんとか自分で作りたいと思っている方、必見です。 

わらび餅(もどき)の作り方

材料

タピオカ澱粉(Polvilho Doce)  150g

砂糖 75g

水  750ml

作り方

1 材料全てを鍋のなかにいれ、火にかける前にかき混ぜる

※火をかけた後だと、混ぜづらくなります。

↓写真がぼけてますが、こんな感じ。

f:id:BrasilxJapao:20200314024050j:plain

2 中火でひたすら混ぜる

f:id:BrasilxJapao:20200314024244j:plain

 写真のような、半透明の塊がでてきたら弱火にする

3 弱火でひたすら練る。

f:id:BrasilxJapao:20200314024530j:plain

全体が半透明になったら火を消してください。

容器に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫へ。

2時間ほど冷したらできあがりです。

きな粉の作り方

材料

大豆粉(Extrato de Soja) お好きなだけ

作り方

1 フッ素加工の鍋に、Extrato de Sojaをいれる

f:id:BrasilxJapao:20200314024950j:plain

2 弱火で鍋をゆらしながら、炒る

色が濃い黄色になったら出来上がりです。

f:id:BrasilxJapao:20200314025108j:plain

ダマがきになる人は、ザルで振るってください。

 黒蜜の作り方

材料

黒糖( Açúcar Mascavo) 100g

水 100ml

作り方

1 材料を全て鍋にいれて、弱火にかける

写真のように煮立ってきます。ひたすら鍋を動かしながら煮詰めていきます。

f:id:BrasilxJapao:20200314025715j:plain

2 とろみがつくまで煮詰める

とろみがついたら、火からおろし、常温で冷ましましょう

f:id:BrasilxJapao:20200314025903j:plain

 まとめ

ブラジルにある材料で代用しましたが、基本的に世界中のほとんどの国でこれらの材料は手に入ると思います。(材料の名称は言語によって違いますが、大豆や澱粉がない国はないのではないかと思います)

この(なんちゃって)わらび餅の中に餡子を入れれば、葛餅もどきのできあがりです。

また別の機会にまとめますが、わらび餅(もどき)の材料になったタピオカ澱粉(Polvilho Doce)は、団子(もどき)が作れたり、こしのあるうどんが作れたりと活躍の幅が大きいです。片栗粉代わりにも使えますので、タピオカ澱粉は必需品です。

日本食材がなくても、知恵と工夫でなんとかなります。

無ければ作る!の精神でのりこえていきましょう  

www.viagemvida.com

 日本ブログ村に参加をはじめました。ポチっとしていただけると、うれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村