Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【ブラジル】砂糖の英才教育【Tação de Nutella】

もうブラジルに住んでそこそこ長い

良いも悪いも、大体のことは慣れて受け入れるなり、かわすなりする事ができるようになった

 でも、慣れないこともある

 ↓それがこれ 

超甘い飲み物や食べ物たち

上の写真、コップの中は、ヌテラ(ヘーゼルナッツとココアのスプレッド)とチョコレートを溶かした温かい飲み物、トップにはホイップクリーム、そしてなんとコップの外にもヌテラが塗りたくられている代物なのである。

コップの外に塗るという日本ではありえない斬新な発想

 

当たり前だけど甘い

びっくりするくらい甘い

どのくらい甘いかというと、半分飲んだら喉に甘いドロドロしたものが詰まってもう飲めないくらい甘い

 

あまりの甘さに夫(ブラジル人)に飲んでもらったけれど、彼はこれとブラジルプリンをペロリと平らげてしまった 

www.viagemvida.com

こういう場面に出くわすと、ブラジル人と日本人の砂糖に対する絶対的な味覚の違いを感じる

 

ブラジル人は甘い食べ物と甘い飲み物を一緒にとる

コーラとケーキ

ジュースとチョコレート 

 

私は甘いものを食べると、甘い飲み物の味が感じられなくなってしまうのだけれど、彼らはおそらくそうではないのだと思う

砂糖に対する絶対味覚でも鍛えられてるんだろう

 

それもそうだよな...と

チョコレートを離乳食で与える人が結構いる国だしな

なにより衝撃だったのは、哺乳瓶にガラナ(※)が入っていたのを見た事

哺乳瓶にガラナ!

※ブラジルでとれるフルーツ「ガラナ」から作られた、清涼飲料水。炭酸入り

ブラジルのケーキ類を作ると分かるのだけれど、砂糖の量が凄まじい。

そして、必ずといっていいほどコンデンスミルク1パック(395グラム)が丸々使用されている。

大量の砂糖とコンデンスミルクで作られた、どっしり甘いケーキ類をブラジル人は小さいころから食べているのだ

 

そう

ここブラジルでは小さいころから砂糖の英才教育が施されているのである

 

そりゃ勝てん

っていうか、そんな食べ方飲み方したら、すぐに糖尿病になってしまいそう。

むしろそんな食べ方飲み方で、ぽっちゃりしつつ、意外とテキパキ動けるブラジル人って逆にすごい

それもこれも、幼少期からの砂糖の英才教育の成果に違いない… 

www.viagemvida.com

 日本ブログ村に参加しています。ポチっとしていただけると、うれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村