Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【母死亡・父重症】サッカーめぐり夫婦喧嘩→殺人へ/幼い双子を残し【リベルタドーレス】

2021年1月30日、ブラジル・リオデジャネイロのマラカナンスタジアムで、サッカーリベルタドーレス杯(※)の決勝が行われました

リベルタドーレスとは南米大陸のサッカークラブ王者を決定するカップ戦で、南米チームにとって最も重要かつ名誉あるカップの1つです。

特に今年は、決勝戦に残ったチームがサントスとパルメイラスというブラジル・サンパウロの強豪チーム同士で、ブラジル国内では非常に関心の高い戦いになりました

結果はパルメイラスの勝利となりましたが、試合をめぐって殺人事件がおこってしまいました

 今回は、事件の詳細・ブラジル人の反応等をまとめました 

「サッカーめぐり夫婦喧嘩・幼い双子を残し母死亡父重症」とは

2021年1月30日、サッカー・リベルタドーレス杯終了後、パルメイラスファンの妻・エリカフェルナンデスは、パルメイラスの勝利を祝っていました。その事が、コリンチャンス(※)ファンである夫・レオナルドソウザを苛立たせ口論に発展。

レオナルドはナイフでエリカをさしました。

口論を聞いた近所の人が警察を呼びましたが、警察が到着したときにはエリカはすでに死亡していたとのことです。

(夫側の証言によると)最初に妻がナイフでレオナルドをさしたとのこと。レオナルド自身も腹部に重傷を負い、入院中です

二人には2歳になる双子がおり、事件があった時は就寝中で、まだ母が亡くなったことを知らないそうです。

※コリンチャンス→パルメイラスと同じくサンパウロを拠点とする強豪サッカーチーム。パルメイラスとは強力なライバル関係にある

esporte.ig.com.br

ブラジル人の反応

・ (サッカー)チームが最優先のやつら。何も驚かないよ。(中略)殺人者のチームのサポーターたちは、自分たちが最も過激であると誇ったりもする!

・ばかげた無意味な暴力。動物のようだ。終身刑にしろ

・ブラジルでは人生に価値がなく、5年後、彼は通常の生活を送っているだろう。(=殺人を犯したのにも関わらず、罪はきっと軽くすぐ刑務所からでてくるという意)加えて、彼の殺人事件を主要な放送局に売って映画にすることすらできるでしょう!

・私はこれがサッカーのためだけに起こったとは思えない。掘り下げて色々確認しないと。コリンチアーノ(コリンチャンスファンのこと。妻を殺害したレオナルドはコリンチアーノ)はこれほど馬鹿ではないはずです。

   →・どう説明したって馬鹿ですよね。人を殺していい理由なんてないですから

・死刑になるべき

多くコメントがついていましたが、とにかくばかげている・くだらないという意見がほとんどでした

ブラジル人の反応補足

サッカーはブラジルの国技であり、自他ともに認めるサッカー大国です。

熱心なサッカーファンも多く、 特に同州の強豪チームが激突する試合はとても盛り上がります。

その一方で、今回の事件のようなサッカーをめぐる殺人・暴力事件が後を絶ちません。

サンパウロ州では、サンパウロ州に拠点をおくチーム同士が戦うときは、そのスタジアムを本拠地とするチームのサポーターしか入ることができません。ライバルチームのサポーターとのいざこざで乱闘騒ぎになり、殺人事件に発展することがよくあるからです。

サッカーをめぐる暴力騒ぎや、狂信的なサポーターに嫌気がさしている人は大勢いるのです。

まとめ 

 日本では殺人事件そのものが少なく、ましてスポーツが原因で家庭内で殺人が起こるとは想像できませんよね。

ブラジルでは、スポーツ…というより、サッカーが原因の殺人事件がよくおこります。サッカーは一部のブラジル人にとって人生をかけたものであり、チームは狂信的な宗教のようなものなのです。

私の周りのブラジル人たちで、子供をスタジアムに連れて行きたくないという人はたくさんいます。安全面や口汚いヤジ等を考慮してです。

サッカーは今までもこれからも、スポーツを超えてブラジルの文化の1つであると思いますが、なんだかなーと思うことが多いのも正直なところです。

www.viagemvida.com

 日本ブログ村に参加をはじめました。ポチっとしていただけると、うれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村