Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【どうせ誰もがいつかは死ぬ】ブラジル・ボルソナロ大統領【コロナを巡る6つの奇行・発言】

世界各国で感染が広がっているコロナウィルス 。たった今見たニュースでは、日本でもかなり感染が広がっているようで、とても心配です

ここブラジルでも感染が広がっており、特にサンパウロでは感染者数・死者数ともにかなりの勢いで増えてきています。

そんな中、ブラジル・ボルソナロ大統領がコロナを巡って様々な(一般的には問題とされる)発言を行っており、緊急事態宣言をだし経済活動自粛を実行している州政府との対立を深めています。

※ボルソナロ大統領は経済活動優先、州政府はコロナ押さえ込み優先です。ここでは細かいことは省きますが、州政府も純粋に人命を優先して緊急事態宣言をだしているわけではなく、極右ボルソナロ大統領に対しての抵抗という政治的利用という側面があります。

今回は、多くのブラジル国民から非難されている、ボルソナロ大統領の奇行・発言をまとめました。 

ブラジル・ボルソナロ大統領の6つの奇行・発言 

1)外出奨励動画をSNSに投稿。削除される

ボルソナロ大統領、3月29日に外出奨励動画を投稿。

ツイッターの規約に違反したとして削除されました。

※ツイッター社は、公衆衛生に反し、人々を新型コロナウイルス感染の危険にさらす投稿への規制を強化しています。

国家元首のツイートが削除される前代未聞の事態。

衝撃的です。

 ※現在、この動画は復活しているようです。政府からの圧力ですかね?

2)マスクで遊ぶボルソナロ大統領

①マスクなんていらねー

f:id:BrasilxJapao:20200403044707j:plain

 ②遊んじゃうよー

f:id:BrasilxJapao:20200403044848j:plain

 ③国民にからかわれたから、最新型を使ってみた

f:id:BrasilxJapao:20200403044922j:plain

 ④また取っちゃった

f:id:BrasilxJapao:20200403044949j:plain

マスクをちゃんとつけないことを非難されましたが、結局とっちゃった(笑)

 3)「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

タイトルにもしたこの発言。それを言っちゃおしまいよ。

これを聞いたとき、本当に力がぬけてしまいました。

3月15日、各州政府が行っている、緊急事態宣言(=自粛政策)を非難してでてきたものです。

世界中でコロナウィルスが流行しているのにも関わらず、経済をとめるべきではない・自粛政策は間違いという考えをもつボルソナロ大統領。他国で相次ぐ経済活動自粛に対しても「大量監禁」と非難しています。

どうせ誰もがいつかは死ぬのだから、普通に過ごしてコロナのせいで死んでも、死ぬのが早まっただけってことですね。

※4月2日に、ボルソナロ大統領は、自粛政策を肯定はしないものの、非難するのはやめると宣言しました。側近がこれ以上火に油を注がないように、説得したんですかね。やっとか!

※って4月3日には、また自粛政策を非難し始めました!一日しか、側近のいう事聞かなかったんですね。

4)「ウィルスは存在する。私たちは男らしくそれに立ち向かうのだ」

3月29日に、大統領官邸に集まった支持者に対し、このような発言をしました。この世には男しかいないわけではありませんし、ウィルスは性別を選びません。

さすが元軍人。言う事が違いますね。

5)コロナウィルスはちょっとした風邪

3月12日のテレビインタビューで、ボルソナロ大統領は「コロナウィルスはちょっとした風邪」と発言。

たしかに、元軍人で男らしさにあふれるボルソナロ大統領からしたら風邪で済むかもしれませんが、そうじゃない人も多いです。

ブラジルは南米1の大国です。そんな大国のリーダーのコロナ軽視発言。さすが南米のドナルドトランプです! 

6)ギャングが自ら自粛活動を始める

自粛政策に反対の立場をとるボルソナロ大統領ですが、州単位でみれば緊急宣言をだして経済活動自粛に入っています。

経済活動自粛に入っても、ファベラ(スラム街)といった地域では、普通にみんな生活をしている(せざるを得ない)のですが、リオデジャネイロでは、なんとファベラを統べるギャングが自粛政策をはじめました。

「8時以降は外出禁止。この時間以降に道にいるやつらは、リスペクト(尊重)を学ぶだろう」

とのお達しをだしました。

リスペクトが学べるそうです。。。学んだころには、どっかの汚い川に死体で浮いてそうですが。

まとめ 

いかがでしたか?

日本のコロナ対応も色々問題がありますが、ブラジルも負けず劣らず問題だらけです。

ちなみに、ブラジル・ボルソナロ大統領の奇行云々書きましたが、個人的にはロックダウンだけを指示し、市民への援助が後手後手に回っている(あるいは援助がない)州政府に比べればはるかにマシだと、個人的には思っています。

例えば、貧困層への援助として、国会ではスーパーで使えるクーポン200レアルを配るという案がでましたが、それを最終的に現金600レアルまで引き上げたのはボルソナロ大統領です。

早くコロナウィルス騒動が収束して、普通の生活に戻りたいものですね。 

www.viagemvida.com

www.viagemvida.com

www.viagemvida.com 

 日本ブログ村に参加をはじめました。ポチっとしていただけると、うれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村