Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【マテ茶】ガウーショ伝統シマホンでマテ茶を飲んでみよう【シマロンの飲み方淹れ方】

南米で長年愛飲されている「マテ茶」

日本でもコカ・コーラ社が2014年に「飲むサラダ」というキャッチコピーで売り出したことがあるので、名前を知っている人も多いかも

ブラジルでは主に南部の寒い地方で飲まれていて、私が住んでいるRio Grande do Sul州はブラジルのマテ茶のメッカ

www.viagemvida.com

日本で売り出された時は、ペットボトルに入って冷たいマテ茶として販売されていたけど、ここ南部、特にガウーショ(Rio Grande do Sul州生まれの人の愛称)にとってマテ茶は熱々で飲むもの

仮に外が40度であっても、炎天下のビーチや野外フェスであっても、マテ茶といえば熱々

くっそ暑い中、熱々マテ茶

それ以外はありえないのだ

※ちなみに冷たいマテ茶は「テレレ」って言って、また別もの。マテ茶はマテ茶だけど、茶葉の大きさがちょっと違う、ブラジル中西部やパラグアイで主に飲まれているものだったり。

ガウーショはシマホン方式でマテ茶を飲む

本当にいつでもどこでも、仕事にもスーパーにもシマホンを持ち込んでマテ茶を飲んでいる(そしてシマホンにお湯を継ぎ足すための、水筒も持ち歩く!いつも両手が塞がっているけど、それでもシマホンは必須!)

今回は、そんなガウーショの伝統的なマテ茶の飲み方「シマホン」をレポート! 

合わせて、一般的なマテ茶の淹れ方や簡単な楽しみ方も!

ガウーショ伝統シマホンでマテ茶を飲んでみよう

用意するもの

f:id:BrasilxJapao:20210228065841j:plain

クイア

伝統的なシマホン(シマロン)は、木で作られた「クイア」と呼ばれる入れ物で飲む

ガラス製の似たものもあるけれど、それは「テレレ(冷たいマテ茶)」用 

ボンバ

マテ茶を吸い込むストローが「ボンバ」

ステンレス製が多いけれど(安いから)、本当は口の部分と持ち手は木がついていた方が飲みやすい。熱いので...

f:id:BrasilxJapao:20210228052752j:plain

マテ茶の茶葉

当然茶葉が必要

マテ茶にはロースト・マテとグリーン・マテがある。

両社の違いは焙煎しているかしていないか。

ローストマテは、焙煎しているのでグリーン・マテより香ばしくて飲みやすい。

茶葉そのもののフレッシュな味わいがほしいなら、グリーン・マテが良い

マテ茶の淹れ方(詰まらないけど面倒くさいVer.)

※マテ茶は、一応淹れ方の標準的なお作法はあるものの、人によって大分やり方が違う。

マテ茶を飲むとき、茶葉がボンバに詰まってしまうのが嫌なので、私はこのやり方が比較的好き。

1.お湯をわかす

熱湯ではなく、70度くらいが最適。

2.クイア内部をお湯で湿らす

クイアの淵までお湯をそそぎ、お湯はすてる

それが終わったら、ボンバをさしておく

f:id:BrasilxJapao:20210228052755j:plain

3.クイアの半分までお湯をいれる

クイアにくびれがあるタイプであれば、そのくびれあたりまでお湯をいれる

4.茶葉をいれる

クイアに直接茶葉をドサドサ入れていきます。クイアの口までたっぷりいれる

5.穴をあける

お湯をさらに注ぐので、そのお湯を注ぐ穴をあける

竹串なり箸なりで、下の写真のようにグリグリ穴をあけよう

f:id:BrasilxJapao:20210228052858j:plain

6.穴にお湯をそそぐ

5であけた穴にお湯を注いでいきます。茶葉表面にあふれそうになったら、お湯を入れるのをやめ、また竹串でグリグリ下の方をかき混ぜる

↓茶葉がお湯をすいこむよ!

f:id:BrasilxJapao:20210228052844j:plain

7.ぎりぎりまでお湯をいれよう

6を(茶葉がお湯を吸い取らず)、茶葉の上まで少しお湯があふれる程度まで繰り返す

↓こんな感じになったら出来上がり!

f:id:BrasilxJapao:20210228052829j:plain

もっと楽な一般的な方法

1.クイアの片側半分に茶葉をいれる
2.ボンバを空いている側にさし、お湯をそそぐ

↓この方の入れ方が最も一般的。茶葉を片側に入れているのがわかりやすい

おしまい!

楽!

だけど、この方法だと、ボンバが茶葉でつまりがち...

もっと楽に飲みたいなら

ティーバッグがあるよ!笑

もっともっと楽したい!なら

出来上がってるものを買ってしまえ!笑

まとめ

シマホンで飲むマテ茶はおいしいしCoolだと思う

周りのガウーショに影響されて、自分も最近はどこでもシマホンを持ち歩くようになった

日本で楽しむならまずは、出来合いのものか、ティーバッグがいいかも

マテ茶自体が苦みが少し強く慣れが必要なので

ティーバッグ等に慣れると、だんだん物足りなくなってちゃんと茶葉から抽出したいってなると思う

飲むサラダ「マテ茶」

挑戦してみてはいかが! 

www.viagemvida.com 

www.viagemvida.com

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村