Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジルのこと全部。

(Day3・4)リオデジャネイロモデルプランpart2、ビーチも世界遺産も効率よくまわろう!~リオデジャネイロ・フロリアノーポリス1週間

「リオデジャネイロ・フロリアノーポリス1週間」の、Day3・4リオデジャネイロ編Part2です。旅の全体の概要はこちらをどうぞ   

viagemxvida.hatenablog.com 

DAY3

9:00ホテル-9:30~12:30コルコバードの丘(キリスト像)

ホテルで朝食をすませたら、コルコバードの丘にあるキリスト像を見に行きます。ポンジアスカールと同じく、リオデジャネイロを代表する観光ポイントの1つです。リオデジャネイロのガイドブックでもこれが表紙になっていることが多いですよね。

ブラジル独立100周年を記念としてつくられたこのキリスト像、なんと高さ約40メートル、海抜710メートルの絶景ポイントに立てられています。

f:id:BrasilxJapao:20190529043330j:plain

Lemon Spirit Hostelからは、まずAntero de Quental駅で地下鉄乗車Largo Do Machado駅で下車します。所要時間は約30分でR$8.6です。

Largo Do Machado駅からシャトルバスにのり、コルコバードの丘を登ります。ハイシーズン時で往復バス運賃+キリスト像見学エリア入場料でR$74です

近年の観光客の増加により、シャトルバスを含め事前のチケット購入が推奨されています。観光客数の制限があるので、事前に以下のHPからチケットを購入しておくことをお勧めします。

Paineiras-Corcovado

12:30コルコバードの丘(キリスト像)-13:00~16:00ラパ地区(昼食)

コルコバードの丘を堪能したら、リオデジャネイロの下町、ラパ地区に移動しましょう。この地区はアートの中心地で、また夜になるとたくさんのナイトクラブがオープンする、若者に人気のエリアです。

シャトルバスでLargo Do Machado駅まで下ったら、地下鉄に乗車します。Cinelandia駅で下車します。電車の待ち時間を含めてもLargo Do Machado駅から30分もあれば十分です。

ラパ水道橋(アルコス・ダ・ラパ)

まずはCinelandia駅徒歩5分のラパ水道橋へ行きましょう。ラパ地区のシンボルでもあるこの水道橋。上には黄色い小さな電車が走っていて、観光客に大人気です。この水道橋の前には広場があって、感じのよいカフェがあるのでそこで昼食をとってしまいましょう。

f:id:BrasilxJapao:20190529045528j:plain

セラロン階段

アルコス・ダ・ラパから歩いて5分ほどの路地裏にあるのが「セラロン階段」。125段にも及ぶ階段には、カラフルな装飾が美しいタイルが敷き詰められており、その数約2000枚!なぜか阪神タイガースのタイルまであるので、ぜひ探してみてください。

f:id:BrasilxJapao:20190529045925j:plain

カテドラル・メトロポリターナ
アルコス・ダ・ラパの奥にカテドラル・メトロポリターナがあります。内部にはステンドグラスの装飾が施され、荘厳かつ神秘的な雰囲気です。入場無料、日曜休み。

f:id:BrasilxJapao:20190529050357j:plain

 16:00ラパ地区-16:30~19:00コパカバーナビーチ

 ラパ地区を後にしたら、コパカバーナビーチへ向かいましょう。

地下鉄Cinelandia駅(もしくはCarioca駅)から乗車→Siqueria Campos駅で下車し、徒歩でコパカバーナビーチへ向かいます。歩く時間を含め30分もあれば十分です。

ブラジルを代表するビーチの1つ、コパカバーナ。海岸沿いのアトランチカ通りに面していて、イパネマが高級ビーチなら、こちらは若者や観光客でごったがえすにぎやかな庶民的なビーチです。ビーチサッカーやサーフィンなど、マリンスポーツやアクティビティが盛んなビーチでもあります。

ココナッツジュースはもちろん、ぜひ味わってほしい飲み物が「Caldo de Cana(カルド・ジ・カーナ)」サトウキビのジュースです。ビーチのいたるところで売られています。レモンを入れるか聞いてきますが、いれたほうがさっぱりしておいしいです。

f:id:BrasilxJapao:20190529051730j:plain

19:00コパカバーナビーチ-19:30~20:30ホテル(夕食)

 コパカバーナビーチをあとにしたら、ホテルに戻りましょう。

Siqueria Campos駅まで戻り地下鉄乗車、Antero de Quental駅で下車、ホステルまでもどります。徒歩の時間も含め30分もあれば十分です。

ホステル周辺で夕食を済ませましょう。サンパウロでシュハスコ(ブラジル版BBQ)を食べていないのであれば、ぜひ食べてみてください。

20:30ホテル~

明日にむけておやすみなさい。 

DAY4

今日は、ホテルをチェックアウト・ホテルに荷物をおいたら、フロリアノーポリスまでの移動時間まで、ビーチもしくはファベラ(スラム街)ツアーへ行きましょう。(時間が許せば両方どうぞ)

ホテルチェックアウト~

リオデジャネイロのビーチ

まずは、リオデジャネイロにあるビーチを2つかご紹介します。お好みに合わせてどうぞ

Praia Vermelha

リオデジャネイロでもっとも小さいビーチの1つ。一昨日いったポンジアスカールにも近いです。都会の中にあり、波もほとんどないので、スタンドアップパドルをする人がたくさんいます。道具を貸してくれるお店もあるので、挑戦してみてください。

ポンジアスカールを背景にしたビーチの写真もとれるので、インスタ栄えばっちりです。

スタンドアップパドル→サーフボードの上に立ち、パドルをこぎながらすすんでいくスポーツ。波のない湖等にむいている。

f:id:BrasilxJapao:20190710034352j:plain

Lemon Spirit Hostelからはバスか地下鉄でいくことになります。ポンジアスカールのロープウェー駅から徒歩でいけるので、一昨日のポンジアスカールまでの行き方を参考にしてください。

Praia do Arpoador

サーファー向けのビーチ。サーファーの主人いわく、リオ市内でもっともいいサーフスポットだそう。波が強く高く水も非常にきれいで、サーファーが常にたくさんいます。土曜日の朝には、たくさんのサーフスクールが初心者向けコースを開催しているので、ぜひ挑戦してみてください。

Lemon Spirit Hostelからは、海岸にそっている道路まで一度行き、左折してひたすらイパネマ海岸を歩いていくとつきます。徒歩20分ほど。

f:id:BrasilxJapao:20190710040301j:plain

 リオデジャネイロのファベラ

ファベラとはスラム街のこと。リオデジャネイロの人口の35%がファベラに住んでいるとも言われています。

ファベラは(ファベラによって程度に差はありますが)、やはり治安が悪いです。ですが、ファベラを知らずしてリオデジャネイロを語ることはできません。ブラジルの負の面ではありますが、同時にそこに生きている人々のエネルギーを直に感じると思います。

ファベラは必ずツアーを利用していってください。

間違っても個人で入ろうなんて思わないでください。ファベラに住む人のほとんどは善人ではありますが、ファベラの犯罪率は非常に高いです。

ホテルまでの送迎つき、3時間で100レアル~150レアルが相場です。

個人的にはこちらのツアーがおすすめです。

http://www.favelatour.com.br/

リオデジャネイロ-フロリアノーポリス空港移動

リオ最終日、ビーチもしくはファベラ(もしくは両方!)を楽しんだら、飛行機でフロリッパへ向かいましょう。

リオデジャネイロにはメインとなる2つの空港があります。

市内から15キロほど離れたアントニオ・カルロス・ジョビン空港(GIG)と、市内にも近いサントス・ドモント空港です。

時間と値段が合えば、サントス・ドゥモント空港発の便を選びましょう。こちらの方が市内からのアクセスがずっといいです。

アントニオ・カルロス・ジョビン空港(GIG)へのアクセスは、前日のスケジュールの記事を参考にしてください。(GIGから市内へのアクセスについて詳細に説明しています。これを逆にして行ってください) 

viagemxvida.hatenablog.com

 サントス・ドゥモント空港へのアクセス方法をご説明します。

Uber

一番のおすすめはUberです。荷物もありますし、渋滞にはまっても1時間ちょっとでついてしまうからです。渋滞がなければ30分ちょっと。30レアルほどです。

幹線バス(VLT)+地下鉄

時間がある、重い荷物が苦にならない、節約したい人は、幹線バス(VLT)+地下鉄でいくこともできます。

お勧めホテルのLemon Spirit Hostelからであれば、まずAntero de Quentalへ行き地下鉄乗車、General Osórioで地下鉄のオレンジラインにのりかえます。Cinelândiaまで行きVLT(幹線バス)に乗り換えSantos Dumont駅まで行き空港到着です。

空港バス

フレスコンと呼ばれるエアコン付の空港バスで行くこともできます。

Lemon Spirit Hostelからは、まず海岸に向かって歩きAv Delfim Moreiraの通りまで行きます。Av Delfim Moreiraの通りにぶつかって一番近バス停から2018番のバスに乗ることができます。

f:id:BrasilxJapao:20190712035002j:plain

時刻表は以下の通りです。この時刻表は始発のバス停の時刻表なので、上記のバス停からは+10分くらいと見て下さい。例6:00→上記バス停はだいたい6:10くらい通過

f:id:BrasilxJapao:20190712035637j:plain
f:id:BrasilxJapao:20190712035648j:plain

17レアル。時間は1時間半ほど。渋滞にまきこまれると2時間以上かかります。

 

空港チェックインしたら、フロリアノーポリスまで飛行機移動です。

フロリアノーポリス空港到着―ホテル

 フロリアノーポリス空港までいったら、ホテルを目指しましょう。

おすすめは島の中心の湖Lagoa da ConceicaoにあるLagoa Nômade Hostelです。

※その他のお勧めホステルはこちら 

viagemxvida.hatenablog.com

 そこまでの行き方をご説明します。

Uber

やっぱり一番のおすすめはUber。30レアルで30分ほどです。町の中心部にアクセスせずにいけるので渋滞もまずありません。

バス

やっぱり経済的なのはバス。

空港前のバス停から、フロリアノーポリスの中心地にあるバスターミナルTICENへ向かいます。殆どのバスがTICENへ向かいますが、バス停で手を上げてバスをとめたらTICENへ向かうか確認しましょう。TICENでバスをのりかえ、Lagoa da Conceicaoにあるバスターミナル TILAGへ向かいます。基本的にTICENのバスターミナルのプラットフォームBから TILAGへ向かうバスにのることができます。バス停で一応確認しておきましょう。フロリアノーポリスの中心地で渋滞にまきこまれなかったら、1時間半ほど、値段は12レアルほどです。

TILAGからホテルまでは10分から15分ほど歩きます。とてもにぎやかな通りでレストランやお店が道沿いにずっと並んでいるので、治安も問題ありません。

f:id:BrasilxJapao:20190712041454j:plain

ホテル到着~

ホテルにチェックインして荷物をおいたら、休憩もしくは食事にしましょう。

このホテルの周りにはたくさんのレストランがあるのでお好みで。すぐそばの桟橋にはラーメン屋からハンバーガー屋まで、湖を眺めながら食事ができるレストランもあります。

明日にむけてゆっくりお休みなさい!

「リオデジャネイロ・フロリアノーポリス1週間」の、Day5・6フロリアノーポリス編はこちらからどうぞ

※記事準備中