Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジルのこと全部。

ブラジル移住・長期滞在時に持ってくるべきものTOP5

ブラジルは世界最大の(日本を除く)日系コミュニティがあります。サンパウロのリヴェルダージという日本人街では日系移民2世3世達を中心に日本語が話されてたらもします。(現在は日本人街というより、中華系の人が多くなってきていますが)

(住んでいる街にもよりますが)手に入る日本食材や日本製品も多いです。お金さえきにしなければ、たいていの物は手に入ります。関税が世界有数の高さを誇るブラジル!めちゃくちゃ高いですけどね!

そんなブラジルでも、お金をいくらかけても現地で手に入らない、長期滞在や移住時に絶対に日本から持ってきた方が良いものをご紹介します。

今現在、ブラジルで私がなくて困っているものリストでもあるので、これからこの記事のリストは増えていく予定です(笑)

f:id:BrasilxJapao:20190801044527p:plain

1 耳かき

何言ってんだと思われるかもしれませんが、本当にありません。こちらの人は耳垢がベトベト型の人が多いので、綿棒しかないんですよね。私の様なカサカサ型の人間には辛い。くだらないと思われると思いますが、2年前に帰国したときに買った耳かきが先週犬に壊されて(泣)

ただの耳かきではなく、先っぽがらせん型になっているすばらしい耳かきでした。RIP耳かき。※↓この耳かきです。

ちなみにこの記事書いたきっかけも、自分が次に帰国したときに買わなきゃいけないリストを作っとこうと思ったからです(笑) 

G-2160 らせん式ゴムの耳かき

G-2160 らせん式ゴムの耳かき

 

 2下着

男の人はどうでもよいと思いますが、女性なら必ず買っておいたほうが良いです。

ブラジャー

ブラジャーのサイズ設定が、ブラジルは超大雑把なので、まずピッタリと合うものを見つけるのは困難です。日本のようにアンダーが65から75あたりまで5センチ刻みであって、其の上トップのサイズがA~Gあたりまでそれぞれのアンダーのサイズごとにあるなんて、こっちでは考えられません。サイズ38からはじまって48まで2サイズとび(38、40、42、、、)であるだけです。トップとアンダーの関係なんて考えちゃくれていません。ワコールの下着はやっぱり、日本人女性の体型を考えて作られていますよね。本当に締め付け感が少なく、でもちゃんと胸を支えてくれてる感じがします。

パンツ

これも買っておいたほうがいいです。こっちでちょっと綺麗だったり可愛かったりするパンツは、ほぼ全てがソング(もしくはTバックに近い)形です。日本のような布がちゃんとある(おしりをほぼ隠してくれる)ものは、本当におばあちゃんがはくような生地や柄のものしかないです。ソングに抵抗がなければ全く関係ないですが、それが嫌、でもおばあちゃんのようなパンツも嫌な人は日本でぜひ買っておきましょう。

3文房具

もちろん、ブラジルに文房具あります。でももしも就学期のお子さんがいらっしゃるなら、ぜひ日本で文房具を買っておいてください。

鉛筆・色鉛筆

こっちの鉛筆、ボキボキおれます(こちらで一番お高いメーカーのFaberCastelでもダメです)。私の娘(6歳)は、ぜひ授業に集中してほしいので、授業中に鉛筆削るとかやめさせたいのですが、ボキボキおれるのでしょうがないですね(泣)

鉛筆削り(卓上)

鉛筆削りも卓上のものを買っておいてください。こっちでもたまに見かけますが、つくりがちゃちくてダメです。はさみやのりも、子供に使いやすいように作られていません。

蛍光ペン(緑・ピンク・黄色以外がほしければ)

上記3色以外ないです。

消しゴム

MONO消し最強!しかも消しカスがでない消しゴムとか、どんだけ消費者目線なんだって話です。こっちの消しゴムは消した後の方が余計汚くなってたりするので(笑) 

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノダストキャッチ EN-DC

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノダストキャッチ EN-DC

 

 

かわいい・かっこいいデザインがされた文房具

こんなんブラジルには皆無です。これもお子さんが気に入ったものを買っておいたほうがいいです。あと、かわいいシールも。学校でヒーロー・ヒロインになれますよ!

逆に持ってこなくていい文房具

日本独特サイズのノート(B5版とか)→個人で使う分には良いかもしれませんが、こちらのノートや紙サイズとあわなくて、結局使いづらいと感じると思います。

日本独自サイズのバインダーやフォルダー→リフィルの紙、こっちでは売ってないので、使わなくなります

4ラップカッター

ブラジルのラップ、質が悪いです。(というか、日本のが質がよすぎるんだと思いますが。)切りづらい上に、ラップの入れ物にカッターついていません。結構使うものだと思うので、これはもってきたほうが良いです。ブラジルで売っているところを見たことがありません。サイズは、日本もブラジルもほぼ同じです 

 5基礎化粧品

サンパウロなら、資生堂インターナショナルの製品が買えます。他にも、クリニークやランコムといった外国メーカーの商品も買えます。ただし、日本でみかける製品ラインナップとはかなり異なります。例えば、日本は保湿を重視して、「洗顔→(ふき取り)→化粧水→乳液・クリーム」となると思いますが、化粧水という概念がこちらにはありません。(「洗顔→ふき取り→乳液・クリーム」です。)なので、化粧水は手に入りません。

ブラジル式のやり方を取り入れる方法もありますが、肌が弱い人や、日本でのルーティンを変えるのが怖い人は、基礎化粧品は買い込んどいたほうがよいです。

ちなみに、私が帰国するたびに大量買いするのがこれ↓ 

ビオレ UV さらさらブライトミルク SPF50+/PA++++ 30ml

ビオレ UV さらさらブライトミルク SPF50+/PA++++ 30ml

  • 出版社/メーカー: 花王グループカスタマーマーケティング株式会社
  • 発売日: 2015/02/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  • この商品を含むブログを見る
 

 ブラジルでは、みんな普段はほとんど化粧しないので、普段の日はこれで十分↑

下地+肌補正+UVって、ブラジルではお目にかかれない商品です。

 

 以上ブラジル移住・長期滞在時に持ってくるべきものTOP5でした。

TOP5ってかいてますが、多分思いつくたびこの記事は更新していくと思います

 

viagemxvida.hatenablog.com