Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【ブラジル自動車免許取得への道5】実技試験の内容~免許発行までの手続き

日本の自動車運転免許からブラジルの自動車免許への切り替え方法を解説します。

今回は実技試験の試験内容・注意点→試験合格後の手続きについて解説しています。

自動車教習所で実習が終わった(もしくは運転に自信があって、書類手続き後直接実技試験をする)人のための記事です。

全体の概要については、以下を確認してください。 

viagemxvida.hatenablog.com

1)実技試験の内容

※実技試験は通訳を同乗させることができます

①乗車~発車

乗車→ミラー/シート位置調整→サイドブレーキ/ギアNの確認→シートベルト

→エンジンをかける

の順番です。エンジンをかける前にシートベルトをしめておかないと、即アウトで再試験行きです。

②縦列駐車

日本と同じく、縦列駐車の試験があります。前後にポールが3本づつ立っていて、その間に車を駐車します。自動車教習所にいくと、「このポールがこのミラーの端にきたら、左にハンドルを切って~」等々細かく教えてくれます。

日本の自動車学校とおなじですね。

ウィンカーは、縦列駐車の最初から最後までつけている必要があります。

縦列駐車のはじめから、縦列駐車が終わるまでずっと右にウィンカーをだしている必要があります。途中でハンドルを右左に切るので、そのたびにウィンカーをカチカチしなおす必要があります(笑)

ちなみに、これは試験官や試験場によって差があるようです。カチカチしてても減点はないので、とりあえずカチカチさせましょう(笑)。縦列駐車は最大5分まで。

もちろん、駐車が終わり駐車場所からでるときは左にウィンカーをだしましょう。

③走行試験

直線道路走行

ギア操作がチェックされます。

1速→2速→3速までいれます。

2速で全て試験をうけても問題ないようですが、試験官によっては「3速いれて」といってくる人もいるみたいです。※私の試験官がそうでした。

2速でうけても減点にはならないです。

ランバダという車を減速させるためのカマボコ状のものを通過するときは、必ず2速にいれる必要があります。3速のままだと軽度のミスとカウントされます。

ちなみにエンストも軽度のミスとしてカウントされ、3つ軽度のミスとすると再試験行きになります。

右折・左折

ハンドル操作/ギア操作がチェックされます。

右折・左折は基本的に2速でクラッチから足を離しておこないます※クラッチから足を離すのはあたりまえですね(笑)

右折・左折を始めたときに、クラッチがふまれていると即アウトで再試験です。

右折・左折を3速にいれたまま行っても即アウトです。

当然ウィンカー点灯もチェックされます。ミラーをチェックしているかは重要ではないようです。ウィンカーを点灯しないと、軽度のミスとしてカウントされます。

車線変更

車線変更時にウィンカー点灯と、ミラーがちゃんと確認できているかチェックされます。

日本だと、ミラーのほかに目視する必要があったと記憶しているのですが、ブラジルではこのとき左(右)に目視のために首をふると即アウトで再試験行きです。

坂道発進

日本のようにサイドブレーキは使いません。クラッチとブレーキ/アクセルの操作で坂道をのぼる必要があります。多少後ろに下がっても減点にはなりません。

エンスト・ウィンカーの点灯忘れは軽度のミスとしてカウントされます。

停車

T字路で右折左折する場合、優先道路を横切る場合等、必ず停車する場所を理解しているかテストされます。停車しないと、即アウト再試験行きです。

④エンジン停止~下車

走行試験が終わったら、指定の場所で停車するよう指示されます。

ウィンカーをだし停車→サイドブレーキを引く/ギアをNにいれる→エンジンを切る→シートベルトをはずす

の順番です。エンジンを切る前にシートベルトをはずすと即アウトで再試験行きです。

縦列駐車にどのくらい手こずるかによりますが、だいたい試験時間は5~7分くらいです

2)運転免許証発行

試験に合格したら、試験日を含めてだいたい10日くらいで運転免許証が発行されます。自動車教習所を通して試験を受けた場合は自動車教習所に、自分でDETRANに試験を申し込んだ場合はDETRANに免許をとりに行く必要があります。

試験の合否はDETRANのサイトで確認できます。

通常は試験官がその場で合否を教えてくれるので、結果がでるまでモヤモヤすることはありません。

※教習所によっては、自分でDETRANにとりに行くように言われる場合もあります。

私の友人が通った教習所は不親切で、DETRANに行かされたそうです。

おめでとうございます!ブラジル免許証取得です!

3)再試験の場合

残念ながら再試験の場合、以下の手続きが必要になります

・自動車教習所を通して再試験を申し込む場合

再試験料を教習所を通じて払い(もしくは教習所が払い込み用紙を用意し、自分で支払う)、再度試験の申し込みをする

・自分で再試験を申し込む場合

DETRANへ行き、再試験料の払い込み用紙をもらう、→サイトから再試験の予約をする。※再試験は少なくとも前回の試験日から10日たたないと申し込むことができません

実技試験考察

実技試験自体は、基本的な運転ができれば特に問題なくうかると思います。ポルトガル語も、右/左/直進/停車という単語が分かれば問題ないと思います。

問題は、自分以外の大勢の受験生に見られながら運転するという特殊な環境(笑)

私が受験したときは、私が申し込んだ教習所から35名、その他6校の受験生+個人受験の人たちがいて、ものすごーい人数に見守られながら運転しました。

アジア人は私一人だけだった(アジア人がほぼいない地域なので)ので、注目度合いも凄かったです。緊張しました。

教官は複数人いましたが、それでもとにかく時間がかかり、半日仕事でした。

注意

この手続き・試験内容は市によって若干の違いがあります。必ずDETRANで確認してください。

f:id:BrasilxJapao:20190717044511p:plain