Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【ブラジルの反応】障害児の普通校受け入れ、ブラジル国民の80%が望む【ブラジルの寛容性について解説】

「障害児の普通校受け入れ、ブラジル国民の8割が望む」とは?

ダッタフォーリャが行なった世論調査で、ブラジル国民の80%が普通学校に障害児を迎えることに賛成していることが明らかになった

ブラジル国民のうち86%が「障害児を受け入れることは、学校を良くする」と考えており、また76%が「障害のある子どもは健常児と共に学ぶことで、より多くのことが学べる」と考えている。

f:id:BrasilxJapao:20191018044709p:plain

59%が「障害者だけで教育を受けるべき」という考えに反対しており、68%が「障害児がクラスにいることで、他の児童たちの学習に悪影響をあたえる」という考え方に反対している。

また、「学校側に障害者を受け入れるか否かを選ぶ権利があるべき」と考える人も37%と少なく、ブラジル国民の多くが、学校側に障害児を受け入れるべきだと考えていることがわかる。

Maioria dos brasileiros afirma que escola inclusiva melhora educação - 15/10/2019 - Cotidiano - Folha

このニュースの背景

ブラジルのもつ寛容性

ブラジルの「寛容性」が表れたかのような調査結果となりました。

このブラジルの寛容性はどこから来ているのか。もちろん、色々な意見があるでしょうが、私はブラジルのもつ「多様性」が「寛容性」と生み出していると思っています。

ブラジルは、世界一とも言われる多様性をもった国です。肌の色、目の色、髪の色、背の高い人・低い人、太った人・痩せた人、本当に色々です。

ブラジル人は「違うこと=多様性」が当たり前の環境で育っているんですよね。

自分と人が違うのは当たり前、そしてそれを受け入れてきたブラジル人だからこそ、障害児の普通校受け入れも、ただの一つの「違い」として自然に受け入れられるんだと思います。

多様性が、社会の寛容性を生み出していると言えますね。

ブラジル人の反応と解説

このニュースを見たブラジル人のコメントを、少しだけですが載せておきます。

LUCILA RODRIGUES TESTA

包容性(寛容性)は、私たちの社会の大きな成果です。

私は、脳性麻痺の子供がいます。彼はいつも普通の学校で勉強していて、現在はPCDインクルージョンプログラム(就職の斡旋・手助けをするプログラム)のおかげで独立した大人になっています。

しかし、それはすべてが上手くいくわけではありません。障害児を普通校にうけいれることは、子供が小さいときにうまく機能しますが、高校では物事が複雑になる傾向があり、必ずしもうまくいくわけではありません。 私が言いたいのは、最終的には家族がそれを選択するか決めるべきであり、政府は特殊学校からの支援を撤回すべきではありません

ROGERIO BARLETTA DE CAMPOS

>LUCILA RODRIGUES TESTA

完全にあなたに同意です。 私は物理の先生で、そのような生徒がいました。 政府が、私たち教師になんの指導をすることなく、教室に彼らを受け入れたんです。

私は自分で出来る限りのことをしました。

神のおかげで、私は自分の仕事をすることができました。今でも、彼らは私を見つけると、ハグしてくれます。

しかし、心理学者(カウンセラー)を学校に配置しない政府に何を期待するのでしょうか? 私は、障害児を普通校に受け入れるのに反対ではありませんが、(システムを)改善して、現実的になる必要があると思っています。

コメントへの解説

受け入れは賛成だけど、現実問題として、受け入れ態勢が不十分と感じているブラジル人は多いようです。調査結果でも67%が「教師の障害児への対処がまだ不足している」と回答しており、上のコメントからも現場任せというのが伝わってきます。

まとめ

 まずは「受け入れる」というスタンスに、ブラジル人らしさを感じました。

多様性は衝突も生むけど、それ以上に社会に寛容性をもたらしてくれると、改めて教えてくれる調査結果でした。

ふと、「なんで日本よりブラジルの方が、私は生きやすいんだろう」と考えたことがあるのですが、やはりこの「多様性」と「寛容性」がキーワードな気がします。

日本と比べれば、インフラは酷いし、教育レベルは低いし、治安は悪い。税金はめちゃくちゃ高いし、政治システムもむちゃくちゃです。

でも、人と違うのが当たり前のこの国では、人に合わせて何かをしなくてもいいのです。自分のやりたい事がやれるし、言いたい事が言えるのです。平均なんてあってないようなこの国では、「普通でいよう」とする必要がないのです。

私はこの国で、「多様性」を体感し「寛容性」を学んでいます。

日本でこの調査をしたら、どんな結果がでるでしょうか?

世界最高レベルのインフラや教育システムをもつ日本ですが、ブラジルから学ぶこともあるのではないかと、この調査結果を見て思いました。 

www.viagemvida.com