Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

【タクシーより便利・安心・安い】Uberの使い方【ブラジルの市内移動はUberが便利】

ブラジルで市内移動をするとき選択肢はいくつかあります

タクシー、バス、地下鉄(鉄道)、そして今回ご紹介するUberです。

Uberは携帯のアプリを利用した配車サービスで、タクシーよりも安価で便利で安心です。配車から、行き先地までのルート、そして金額まで全てアプリ経由なので、言葉が分からない国でも全く問題ありませんし、わざと遠回りしてぼったくられるといった心配もありません。またUberは運転手と乗客の相互評価システムなので、評価の悪い運転手はあらかじめ分かるので、変な運転手を避けることができます。支払いもクレジットカード払いができるので、ブラジルについたばかりでレアルを持っていない場合でも利用できます。

ブラジルではこのUberが普及してて、日常生活においても欠かせない交通手段となってきています。

サンパウロやリオデジャネイロといった大都市で、地下鉄や鉄道といった交通手段が発達しているところなら、Uberなしでも回りやすいのですが、その他のバスが主要交通手段となっている都市では、このUberは旅行の際の強い味方になってくれます。※バスを旅行者が使いこなすのはポルトガル語なしでは難しいです。

 

この記事では、Uberの使い方を写真つきでご説明します。※私のアプリの設定が英語なので英語表記になっていますが、日本語版も表記が日本語なだけで同じです。

1)アカウントの作成

1アプリのDL

まずはUberのアプリをGooglePlayか AppStoreからダウンロードします。

※1)のアカウントの作成と2)のクレジットカード情報の入力までは日本でやっておきましょう。

2アカウントの作成

ダウンロードしてアプリを開くと、携帯電話番号とメールアドレス等を含む個人情報を登録する画面が出てきます。そこに情報を入力して送信すると、Uberから4桁(5桁)のコードがSMSで送られてきます。そのコードをUberアプリの画面に登録すると、アカウント作成の終了です。

2)クレジットカード情報を入力

f:id:BrasilxJapao:20191016182116j:plain

アプリを起動すると、上記のような画面になります。左上にある赤い四画をクリックすると下のような画面に切り替わります。

f:id:BrasilxJapao:20191016182356j:plain

赤い四角の「支払い」をクリックすると、クレジットカードやプリペイドカードの支払情報を入力する画面になりますので入力します。

クレジットカードの入力は必須ではありません。ですが支払いに小銭を持ち歩かなくてもいい、空港についたばかりで現金が手元に無い場合でも大丈夫等メリットがたくさんあるので、登録しておいたほうがよいと思います。

3)行き先を入力

f:id:BrasilxJapao:20191016182828j:plain

再度アプリを起動すると、上のような画面にかわります。青い四角の「どこへ行きますか」をタップし、いきたい建物名やレストラン名を入力します。Googleマップに登録されているところであれば、住所をいれなくても名称をいれればOKです。

f:id:BrasilxJapao:20191016183332j:plain

行き先を入力すると、上のような画面にかわります。赤い四角が現在地+ピックアップまでの予定時間です。(上の画面なら約10分で配車可能)

道にそった黒い線が、行き先までの予定ルートです。

紫の四角が、配車車種ランク+金額です。

配車車種ランクは、Uberを使う国によってちょっと違うのですが、ブラジルでは基本的にUberとUberXが選択できます。UberXはUberよりも少し値段が高いのですが、車種がよかったり大きかったりします。よほど大荷物でない限りは通常のUberでよいと思います。金額は(後でも確認できますが)支払いの際にぼったくられないように覚えておきましょう

緑の四角が支払い手段です。

上の画面だと「現金(CASH)」になっていますが、クレジットカードや他の支払い手段に変えたい場合は、ここをタップし支払い手段を変更します。

すべてOKであれば、黒い四角の「確認」ボタンをタップします。

4)配車

f:id:BrasilxJapao:20191016184012j:plain

配車情報の確認

行き先を入力し確認を押すと、上のような画面に切り替わり、だれがどんな車で、あと何分くらいでピックアップしにくるかの情報になります。

赤い四角(黒丸)がピックアップ地点です。

水色の四角があなたをピックアップ予定の車がいる場所、オレンジの四角がピックアップまでの予定時間です。

地図の下にはドライバー情報が載っています。

紫の四角がドライバーの名前、青い四角が車種とナンバープレートです。

緑の四角がドライバーの評価。

ブラジルのドライバーで4.5以下の☆の人を見たことがありませんが、これが4をきるようだとキャンセルしたほうがいいでしょう。運転手の顔のところ辺りをタップすると、このルートの詳細がでてきます。キャンセルボタンも出てくるので、キャンセルして他のドライバーを探しましょう。

配車情報と車が一致しているか確認

ドライバーが到着したら、車種とナンバープレートを確認して乗車してください。その際、必ずドライバーの名前も一致しているか確認しましょう。

USAでUberと勘違いして別の車に乗り込み殺害されたという事件が起こっています。

 5)乗車

乗車後は特に何もすることはありませんが、念のため運転手がアプリ指定のルートを正しく通っているか確認しておきましょう。(アプリの画面で、その車が走っているルートを現在進行形で確認できます)

もしも指定ルートを通っていなかったら、運転手に理由を確認してください。通常はアプリ指定ルートを通らない場合、あらかじめ運転手が説明してきます。※サンパウロでは、指定されたルートが治安が悪い場所だった場合等、運転手が迂回ルートを示してくる場合が偶にあります。

6)降車

アプリが表示している金額を支払います。現金指定ならもちろんその場で現金払いですし、クレジットカードなら支払いは済んでいるので支払う必要はありません。金額は通常、行き先を指定したときに表示されていた金額と同じはずです。※何かしらの理由があってアプリの指定ルートを変更した場合に、若干の上下がでてくる場合があります。

7)評価

降車後、アプリの運転手に対する評価画面がでてくるので、評価をつけておしまいです。何かしらの問題があった場合もこの画面からUberを管理する会社にクレームを送ることができます。

 こちらのブラジル旅行の記事もぜひどうぞ

viagemxvida.hatenablog.com