Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジルのこと全部。

インドの鉄道(乗車方法・切符の見方・注意事項編)

インドの移動は鉄道が便利です。電車内での、現地のインド人とのふれあいや、世界中から集まる旅行者との交流も楽しいもの。今回はそんなインドの鉄道の乗車方法・切符の見方・注意事項をご説明します。

切符の買い方はこちらからどうぞ

 

viagemxvida.hatenablog.com

 

インドの鉄道の乗車方法

1 切符を買う

あたりまえですね(笑)切符の購入方法は上記リンクからどうぞ

ここで切符の見方を説明します

f:id:BrasilxJapao:20190301024751j:plain
f:id:BrasilxJapao:20190228025829j:plain
左がインターネットで発行された切符、右が外国人窓口で発行された切符

赤枠1-Passenger Name Record (PNR)

10桁の数字で構成された、その切符の認識番号です。キャンセル待ちで、あなたの切符がRAC/waitlistの状態(※)なら特に重要になってきます。なぜならIRCTCやErailなどであなたの切符のステータスを調べるときに必要になるからです。

切符をなくしたとしても、このPNRがあれば、再発行はかなりスムーズに進むので、この番号を携帯なりにメモしておくほうが良いでしょう。 

 ※RAC/waitlistの説明はこちらからどうぞ

 

viagemxvida.hatenablog.com

 

 

緑枠2-電車番号・出発日・乗車距離・乗車人数

乗車人数は、大人(12歳以上)と子供(5歳から12歳まで)が記載されます。5歳未満は乗車料金がかかりません。ただし、切符予約時に5歳未満の子供が乗車する旨は伝える必要があります。切符には記載されませんが、情報はインド鉄道会社のデータに入っています。

 

青枠3-切符番号

PNRではありません。特に重要ではありませんが、この番号がちゃんとプリントされていることだけを確認しておきましょう。

 

オレンジ枠4-乗車クラス・出発駅・到着駅

f:id:BrasilxJapao:20190228035120j:plain

乗車クラスの説明

紫枠5-コーチ(車両)番号・座席(寝台)番号・(ステータス)

f:id:BrasilxJapao:20190228043611j:plain

座席(寝台)場所の説明

 ※もしも、あなたが1AクラスもしくはFCクラスをとったのであれば、ここはCONFIRMEDとだけかかれます。通常、出発4時間前に乗客リストがプラットフォームに張り出されるので、そこでコーチと席番号を確認することになります

※もしも、あなたの切符がRACであれば、ここにはRAC/waitlistの数字が書かれることになります。

 

黄色枠6-旅行者の性別・年齢(e-ticketは氏名も)

 

灰色枠7-切符の料金の詳細

 

ピンク枠8-電車の名前

 

黄緑枠9-出発予定時刻(窓口発券の切符なら到着予定時刻も)

 

2 出発駅構内へ入る

またまた、当たり前のことを書いていると思われるかも知れません。しかしインド鉄道旅行者にとっての最初の関門がこれなのです。

駅に入るセキュリティや入口の前に、まるで本物の駅職員を装った輩が、旅行者をカモにするため立っています。そして「その電車はキャンセルされた。あそこのオフィスへ行って代替便に振り替えてもらえ」等言葉巧みに自分に利益がでる旅行会社に誘導してきます。中には超強引に腕を掴んで連れて行こうとする輩もいます。もちろん信用してはいけません。キャンセル等の情報は駅の電光掲示板を確認したり、ネットが使えるのであれば、IRCTC等のサイトを照会して下さい。

f:id:BrasilxJapao:20190301025216j:plain

主要駅の駅入り口は大体こんな感じのセキュリティ(っぽい)ものがある

 

3 自分が乗る電車のプラットフォートを確認する

電光掲示板に自分が乗る電車のプラットフォームが映し出されます。英語と現地語と交互に表示されます。電車番号で確認するのが一番いいでしょう。プラットフォームは予定と変更になる事が多いので、しっかりと確認しましょう。

 

4 プラットフォームに張り出されている乗客リストを確認する

出発予定のプラットフォームへ行きます。出発予定時間近く(基本出発予定時刻4時間前)になると、乗客リスト(その電車に乗客予定の人の名前及び席情報)が張り出されます。最近は突然座席(寝台)の変更がされたりというのは少なくなりましたが、念のため確認しましょう。特に切符を予約した際RAC/waitlistで、繰り上がりで座席(寝台)を得た人はコーチ及び席番号を確認する必要があります。 

5 自分が乗る電車の車両番号近くに移動する。

インドの列車はとっても長いです。主要駅で停車時間が長ければ問題ありませんが、そうでない駅の場合、自分が乗る車両に辿り着く前に出発してしまったという事もあり得ます。インドの電車は、日本と違い車両の行き来が出来ません(車両を行き来するドアは有りません)。

想像して下さい。間違った車両に乗って、次の駅まで5時間かかり、その間自分の寝る場所座る場所がナイ、、、。ちゃんと確認しましょう(笑)

 

6 電車に乗る

電車が来たら、車両確認の上乗車しましょう。切符と照らし合わせて、自分の座席(寝台)を見つけましょう。寝台で始発でない場合、自分の寝台に誰かがグースカ寝てるといった事もあるます。ランクの低い席を買ったのに、しれっとAC車や2等車に居座ってるあつかましい輩も時々います。切符を見せて毅然と対応しましょう。

 

インドの鉄道の注意点

1 オフィシャルの情報以外は信用しない

上でも書いたように、旅行者をかもにする輩がたくさんいます。向こうから話かけてきて、その内容が「キャンセル」や「再予約が必要」といった場合は、絶対に信用しないでください。自分たちに利益の入る旅行代理店に誘導するのが目的です。

切符のステータスや電車の遅延は、電工掲示板もしくはインターネットが使えるならインド鉄道会社のHP、外国人窓口の係員から得るようにしましょう。

 

2 水は買っておきましょう

長距離列車は、車内販売や車内食の提供があります。ただし、ほしいタイミングでくるかといったら、もちろんそうではないので、少なくとも水は買っておきましょう。

あと、途中駅でとまるたびに水を売りにくる人がいます。もちろん買っても良いのですが、ちゃんと新品であるか確認してください。使い古しのペットボトルに水道水をいれて、精巧にふたを接着してあたかも新品かのように売ってくる輩がいます。フィルムがかかっているものだと安心ですね。

 

3 始発便以外は遅れると思っておきましょう

 インドの電車は遅れるので有名ですね(笑)

でも、最近は昔のようにしょっちゅうキャンセルになったり半日近く遅れたりというのは少なくなってきました。(もちろん数時間の遅れは当たり前ですが)

始発便であれば、出発時刻が遅れることはあまりありません。少なくとも半日の遅れといったことはほぼありません。最近はインドの鉄道もがんばっているのです(笑)

 

4防寒具は用意しておきましょう。

インドの車内のエアコンつき車両はこれでもかというほどエアコンが効いている場合が多いです。ストールが1枚あれば、寺院に入るときの肌を隠すためにもつかえますし、かさばらないので便利です。

 

そのほかのインド旅行の記事もぜひご覧ください!

 

viagemxvida.hatenablog.com

 

viagemxvida.hatenablog.com

 

viagemxvida.hatenablog.com