Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジルのこと全部。

【好きでも付き合ってもいない男に振られた件】クソ男オブザイヤー2019(仮)【謎の敗北感】

はじめてブログテーマに沿わない雑談を書いてみたいと思います。

クソ男オブザイヤー2019(仮)

最近、私の中で「クソ男オブザイヤー2019(仮)」が決定しました。

某50代女性タレントと離婚した20歳以上も年下の旦那です。

離婚理由は、男側が「自分の子供がほしいから」だそうです。

、、、は?

本当の離婚理由は当事者のみが知ることで、きっとこれ以外にも積もり積もったものがあったんだとは思うんです。けど、「自分の子供がほしいから離婚」って、結婚したとき既に40代後半だった女性に対してものすごーく残酷だと思うのです。

だって、結婚した段階ですでに(年齢的に)子供が望めないことは分かってたことだから。

もちろん、自分の子供がほしいという男性の気持ちもわかりますし、心変わりがあることも人間である以上否定はしません。

でも例えば、私が離婚を言い渡されて、私の収入が低いからとか、(一緒に暮らすようになって分かった)性格の不一致とかいった理由であれば、(私が関係を修復することを望むのであれば)それを改善する余地があると思うのです。転職して収入を増やす、相手が嫌う自分の嫌なところを直すとか、色々できることがありますよね。

でも50代の女性に子供を望むって、相手に一部の猶予も残さない、本当に自分勝手な考えだと思うのです。だって、どうしようもないじゃないですか。

心変わりは否定できないけど、この件に関しては彼はこの心変わりを墓場まで持っていく秘密にすべきだったんだと思っています。恨むんなら、そんな状況を理解していなかった、覚悟をもっていなかった、女性と結婚したときの自分にするべきです。

せめて、この女性が離婚を言い渡されたとき、相手との関係を続けたい・修復したいと望んでなかったと思いたいです。

f:id:BrasilxJapao:20190523040636p:plain

歴代のクソ男オブザイヤー

さて、本当に胸糞悪いエンタメニュースを読んでムカムカしていたので、ちょっと口直しに笑えるものを。

たしか去年あたり、ツイッターかなにかで「クソ男オブザイヤー」なるものがたくさん投稿されていました。自分が突き抜けてるなと思った「クソ男」をちょっとご紹介します。

クソ男例1

私「え? いつも彼女にゴム付けないの? 妊娠したらどうするの?」
男「え?それって俺が考える事?」

 クソ男例2

生理不順で体調悪くて「生理来ない」って言ったら間髪入れずに「お金出すから堕ろしてくれる?」
妊娠じゃないと言っても信じないので妊娠検査薬買いに行くと薬局手前で「恥ずかしいから一人で行ってきて」
陰性だと告げると安堵し「もう意地悪言わないで」と性交渉に誘う

 もうどれもこれもクソ男すぎて、1周回って逆に笑ってしまいました。でも、こんな風に投稿できたってことは、みんなネタとして昇華できているってことですよね。クソ男に使う時間や労力なんてもったいない!

自分的クソ男オブザライフ

これを書いていて思い出したのが、自分が大学生のときに仲良くしていた男の子のこと。これまで書いてたみたいなスガスガしいクソ男話ではありませんが、自分の中では彼が「クソ男オブザライフ」です。

本当に仲がよくて、よく飲みに行ったし、出かけたりもしたし、一緒に授業を受けたりもしていました。私としては、「友達」であって全く「男」を意識したこともなかったし、いわゆる「男女」の感じになることも一度もありませんでした。

で、あるとき突然言われたんです。

「俺、好きな子できたんだ。付き合うことになったから、だからごめんね。」

、、、え?

なんで私ふられた感じになってんの?なんで謝られてるの?付き合ってる子ができたっていう報告だけでよくね?

ってか、好きでも付き合ってもいないのに、私ふられた!?

びっくりして固まる私をよそに、彼はすたすた去っていき、その後私と出かけたり話したりすることは一切なくなり、ひたすら彼女といるようになりました。

で、仲良かったのが突然そんな状態になったもんだから、「私が振られた」という話になり、もうわけのわからない謎の敗北感でいっぱいだった二十歳の春

できることなら「数年後、今のやさしい素敵な旦那に出会うよ」って慰めてあげたい(笑)