Brasil x Brazil

文化、生活、仕事、お金、人、旅、食事、ポルトガル語。ブラジル生活情報ブログ

(Day4・5・6)キャンディ→(バス)ダンブッラ拠点。ポロンナルワ・アヌラーダプラ ~シーギリヤロック・象の孤児院・文化三角地帯1週間

「シーギリヤロック・象の孤児院・文化三角地帯1週間」の、Day4・5・6ダンブッラ拠点ポロンナルワ・シーギリヤロック・アヌラーダプラ編です。旅の全体の概要はこちらをどうぞ 

viagemxvida.hatenablog.com

 DAY4

06:30ホテルチェックアウト-07:00〜9:00ダンブッラバス移動

ホテルをチェックアウトしたら、ダンブッラ行きのバスに乗るためバス停まで行きましょう。昨日の旅程記事にも書いたとおり、キャンディのバス停はいくつかあり、ダンブッラ行きはGoods Shed Bus Stopから出ています。 Goods Shed Bus Stopはキャンディ鉄道駅の西に位置します。駅から徒歩3分ほどです。 昨日の記事で紹介したホテルClock Inn Kandyならバススタンドまで徒歩20分ほどです。スリーウィラーを使って80~100ルピーほどです。5分もあったらつきます。

バススタンドについたら、お店の人やバスの運転手さんにダンブッラ行きのバス停を聞いて探してください。何回もかきますが、 絶対に、向こうから「どこへ行くの」と聞いてくる人をあてにしてはいけません。ガイド料の請求をされたり嫌な思いをすると思います。アジアあるあるですね。エアコン付のバスで200 スリランカルピー(以下ルピー)、エアコンなしで110ルピーほど。時間は2時間ほどです。

f:id:BrasilxJapao:20190422184717j:plain

念のため goods shed bus stopの場所を説明します。まずはキャンディ駅(鉄道)へ行きます。鉄道駅を出て、目の前の駐車場をまっすぐ通りすぎ、大きな通りまで行きます。大通りにでたら、左折し道に沿ってすすむと goods shed bus stopがあります。


9:00ダンブッラ到着-9:15ホテルチェックイン

ダンブッラの町へ到着。ダンブッラでは、新市街地のダンブッラ時計塔そばで下りることになります。キャンディからバスに乗るとき、ダンブッラと伝えると、普通はこの場所でおろしてくれます。キャンディからダンブッラどまりのバスだったら問題ないのですが、アヌラーダプラ行きのバスでダンブッラで途中下車する場合もありますので、運転手に降りたい場所を伝えておきましょう。

↓こんな時計塔が目印です。ダンブッラ新市街地の中心部になります。

f:id:BrasilxJapao:20190422185526j:plain

 ダンブッラお勧めのホテルは Sanemro Villaです。この時計塔から徒歩3分と立地抜群。清潔でお手ごろなホテルです。そのほかのダンブッラのお勧めホステルは以下の記事からどうぞ

viagemxvida.hatenablog.com

 9:15-10:00朝食

新市街地にはたくさんのカフェがあります。ホテルそばで遅めの朝食にしましょう。この後、シーギリヤロックに向かいます。

10:00-11:00ダンブッラからシーギリヤロックへ移動

ダンブッラからローカルバスに乗って、シーギリヤロックへ行くこともできます。でもちょっと時間も押しているし、シーギリヤロックそばのピドゥランガラへも寄りたいので、ここはスリーウィラー(トゥクトゥク)を半日ほどチャーターしてしまいましょう。ダンブッラ→シーギリヤロック移動(40分)+待機時間2時間+ピドゥランガラ移動・待機2時間→ダンブッラ移動(40分)、昼食時間含め合計6時間ほどの行程でだいたい3000ルピーから3500ルピーほど。最初はこの行程で8000ルピーくらい言われますが、高くても4000ルピーくらいが相場かなと思います。知り合いの伝でスリーウィラーを手配したので、私は1500ルピーでした。

11:00-13:00シーギリヤロック

スリランカ中央部の平原に立つ高さ180mのシーギリヤ・ロック。スリランカ観光ではずせないスポットです。その頂上にある5世紀後半の宮殿跡は、1982年に世界文化遺産に登録されました。

父を殺害し王位を奪ったカッサパ王が復讐を恐れ、難攻不落といわれたシーギリヤ・ロックの頂上に建てた要塞かつ宮殿です。岩山の中腹には、シーギリヤ・レディとよばれる色鮮やかな女性像が描かれています。当初は多くの女性像があったといわれますが、長年の風雨にさらされたり、剥がされてしまったりしたため、現在は18体が残るのみ。宮殿への登り口には巨大なライオンの前足があり、ここを通って宮殿へ向かいます。足場が悪いところもあり、風も日差しも強いので、それなりの装備をしていきましょう。スニーカーと帽子は必須。もちろん水もかかせません

f:id:BrasilxJapao:20190423030144j:plain
f:id:BrasilxJapao:20190423030126j:plain
このライオンの足の間の階段から登っていく。頂上からはすばらしい眺めが見られる

ちなみに、このシーギリヤロック、入場料は驚きのUSD45!!とにかく高いです。

お金を節約したい人は、このシーギリヤロックとなりのピドゥランガラのみへ行き、シーギリヤロック全貌を見るという方法もあります。ここは入場料が500ルピーほどで、シーギリヤに比べると激安です。個人的には壁画や、下から見上げるライオンロックの大きさを感じたほうがいいと思うので、高くてもシーギリヤには行くべきだと思っています。

13:00-14:00昼食・ピドゥランガラ移動

シーギリヤロック観光を済ませたら、ピドゥランガラへ移動します。途中、ワーラー(スリーウィラードライバー)に頼んで、どこかで昼食をとらせてもらいましょう。

14:00-16:00ピドゥランガラ観光

ピドゥランガラロックのすばらしいところは、とにかくシーギリヤロックを一望できること、周りに何もさえぎるものがないので、ジャングルと空の境界線が見える絶景を楽しめることです。

ただし、シーギリヤ+ピドゥランガラとなると、かなり歩きます。体力に自信がない人は、シーギリヤだけ(もしくはピドゥランガラだけ)にしたほうがいいでしょう。

ちなみに、ここは最近欧米人のセルフィースポットになっていて、かなり人が多くなってきています。下の写真にある岩場は、写真をとりたいインスタグラマー達で渋滞状態です(笑)

f:id:BrasilxJapao:20190423032324j:plain
f:id:BrasilxJapao:20190423032310j:plain

16:00-17:00ピドゥランガラからダンブッラへ移動

待たせていたスリーウィラーにのってダンブッラの新市街地へ戻りましょう。

17:00~ダンブッラ新市街地散策・夕食-ホテルで就寝

ダンブッラに戻ったら、ホテルに戻って休憩するでもよし、街を散策するでもよし、ゆったりすごしましょう。今日はひたすら歩いたので疲れていると思います。上記でお勧めしたホテルSanemro Villaは、バス降車場所にも近く、新市街にありレストランもまわりにたくさんあります。

ホテルそばの時計塔を北に進むと、PizzaBrothersというピザ屋があります。もうスリランカ・インド料理は食べたくない(笑)人に勧めです。アジア感の全くない、おいしいピザが足られます。

夕食後はホテルにもどってゆっくり休んでください。

DAY5

9:00ダンブッラ-10:30アヌラーダプラバス移動

昨日が本当に忙しい一日だったので、今日は朝はのんびり起きましょう。ホテルもしくはホテル近辺で朝食をすませたら、アヌラーダプラへ向かいます。お勧めホステルのSanemro Villaからなら、バス停まで徒歩5分ほど。昨日キャンディからのバスを降りたところから、アヌラーダプラ行きのバスに乗ることができます。メインのバスターミナルからではなく、幹線道路沿いにあるバス停からアヌラーダプラ行きを捕まえます。バスターミナルではなく、単なる幹線道路沿いのバス停なので、バスを待っている人に「アヌラーダプラ」と伝えて、バスを捕まえるのを手伝ってもらってください。間違っても、ワーラーの「今日はアヌラーダプラ行きのバスはでていない」なんて信じないでください。

アヌラーダプラまでは1時間半・100ルピーほどです。

10:30-15:30アヌラーダプラ観光・昼食

ダンブッラからのアヌラーダプラのバスは、オールドバスストップでとまります。(下の地図参照)

半日ほど、アヌラーダプラ観光をします。アヌラーダプラは見所が点在しています。

自転車でまわる、もしくはスリーウィラーで移動となります。自転車は一日で400ルピーほど。スリーウィラー半日かしきりだと1000~1500ルピーほど。もちろんかしきりにせず、移動の都度スリーウィラーの値段交渉をしてもいいです。

自転車は日差しが強かったりするとかなりきついです。敷地も広大なので、見たいところをしぼって距離があるところだけスリーウィラーを使った方がいいと思います。

ちなみに、アヌラーダプラをすべてみようと思うと、1日では足りません。そして、そんなに見てると飽きると思います(笑) 

以下アヌラーダプラで見るべきところを10箇所に厳選して、お勧めの回る順場に紹介してきます。

それぞれの詳細な説明は、他のサイトでいくらでもでていると思うのでそちらをどうぞ(笑)

昼食は、途中途中でちょこちょこ軽食をとれるところがあるのでそこですませることになります。

f:id:BrasilxJapao:20190424020931j:plain

①アヌラーダプラ博物館

アヌラーダプラ入場料を払いチケットを入手します。アヌラーダプラ入場料3150ルピー(又はUSD25)。USDでもルピーでも支払い可能。オールドバスストップからは、スリーウィラーで100ルピーほど。入場券はなくさないでくさい。途中途中にチケットのチェックポイントがあります。

②ジェータワナラマ仏塔

博物館左手奥から入れる。

③クッタム・ポクナ

④サマーディー仏塔

交差点のそばにあり、まわりに露店がたくさんある。水や軽食もとれる

⑤アバヤギリ大塔

⑥ムーンストーン

⑦トゥーパーラーマ仏塔

⑧ルワンウェリ仏塔

⑨スリーマハ菩提樹

イズルムニヤ精舎

アヌラーダプラ遺跡南部に位置する。アヌラーダプラ入場料別に入場料200ルピー必要。

イメージとしては、チケットを買ったら、近くのジェータワナラマを見て、そこから北上。クッタムポクナ周辺を見て南下。イズルムニヤへ向かう途中で、見ておくべきところへ立ち寄る感じです。

15:30-17:00アヌラーダプラからダンブッラへバス移動

オールドバスストップへ行き、ダンブッラへ移動します。キャンディ行きのバスにのって、途中下車する形になります。 ダンブッラではホテルにも近い時計塔周辺(新市街地)で降りましょう。

17:00~ダンブッラで夕食-ホテルで就寝

ホテル近辺で夕食をとりましょう。その後ホテルにもどります。明日にむけておやすみなさい!

 DAY6

7:00ダンブッラ-8:30ポロンナルワバス移動

ホテルもしくはホテル近辺で朝食をすませたら、今日はポロンナルワへ向かいましょう。お勧めホステルのSanemro Villaからなら、バス停まで徒歩5分ほど。昨日アヌラーダプラ行きのバスを捕まえたところあたりからバスを捕まえることになります。

気をつけなくてはいけないのは、ポロンナルワ行きのバスはポロンナルワとバスの行き先に表示されていないということです。カドゥルウエラ(Kaduruwela)が行きのバスに乗ってください。カドゥルウエラはポロンナルワのバスターミナルの名前です。

乗車するところは、単なる幹線道路沿いのバス停なので、バスを待っている人に「ポロンナルワ」と伝えて、バスを捕まえるのを手伝ってもらってください。そして、乗車したら必ずポロンナルワに行くか運転手に確認してください。

ポロンナルワへは1時間ほど。120ルピーほどです。

8:30-13:30ポロンナルワ観光・昼食

ダンブッラからポロンナルワのバスは、Kaduruwela Bus Standでとまります。(下の地図参照)

半日ほど、ポロンナルワ観光をします。アヌラーダプラと同じくポロンナルワも見所が点在しています。

自転車でまわる、もしくはスリーウィラーで移動となります。自転車は一日で400ルピーほど。スリーウィラー半日かしきりだと1000~1500ルピーほど。もちろんかしきりにせず、移動の都度スリーウィラーの値段交渉をしてもいいです。

個人的に、アヌラーダプラよりポロンナルワの方が自転車移動がきついです。特にティワンカ寺院まで行こうと思うと、自転車はやめておいたほうがいいです。(途中の道が坂+悪路なので)。

貸しきりにしないのであれば、敷地も広大なので、見たいところをしぼって距離があるところだけスリーウィラーを使ったほうがいいです。

やっぱりポロンナルワをすべてみようと思うと、1日では足りません。そして、仏像仏塔マニア以外にはだんだん同じに思えてくるので(笑) 

以下ポロンナルワで見るべきところを8箇所に厳選して、お勧めの回る順場に紹介してきます。

それぞれの詳細な説明は、一々しなくても他の方の旅行ブログをみれば大体分かると思うのでモデルプランだけご紹介します。他の方の旅行ブログは、私と違ってよく写真を撮ってらっしゃるかたばかりなので(笑)

f:id:BrasilxJapao:20190424032746j:plain

①石立象

ここは、チケットを買わなくても見て回れます。近くの湖ものんびりできてよいです。カドゥルウエラバスストップからは、リクシャーで100~120ルピーほど。

②チケットセンター兼博物館

入場料3150ルピー(又はUSD25)。USDでもルピーでも支払い可能。

③宮殿跡

④ワタダーゲ・ハタダーゲ

⑤パバル・ベハラ(Temple of Marbies)

⑥ランカディラカ

⑦ガルヴィハーラ

⑧ティランカ寺院

昼食は、カドゥルウエラそばにレストランが点在しているので、そこですませましょう。

13:30-15:00ポロンナルワからダンブッラへバス移動

カドゥルウエラへ行き、ダンブッラへ移動します。ダンブッラではホテルにも近い時計塔周辺(新市街地)で降りましょう。

15:00ダンブッラバス降車―15:30~17:30ダンブッラ石窟寺院

ダンブッラでバスをおりたら、ダンブッラ南部・旧市街地にあるダンブッラ石窟寺院に行きましょう。降車場所の時計塔そばからダンブッラ石窟寺院まではスリーウィラーで10分、100ルピーほどです。

駐車場でスリーウィラーをおりて、正面み見えるはでな建物は博物館です。入場チケット売り場は正面建物を見て右手の建物にあり、「ダンブッラの黄金寺院」へは左に見える外階段から向かいます。結構階段を上るので、それなりの覚悟を(笑)

f:id:BrasilxJapao:20190424035404j:plain
f:id:BrasilxJapao:20190424035351j:plain
金ぴかの仏像が目印。ここが正面になります。

ダンブッラ石窟寺院は、岩山の中腹に建てられています。現在は5窟あり、それぞれに壁画や天井画が見られる。なかでも頭を北に向け横たわる約14mの涅槃仏が安置された第1窟や、最大規模で約50体の仏像が安置される第2窟が有名です。保存状態がスリランカで1番よいといわれていています。

仏像だけではなく、がんばって階段を上りきると、ダンブッラの街やシーギリヤロックまで一望できる絶景というおまけもあります

チケットは1500ルピー。

17:30~ダンブッラで夕食-ホテルで就寝

石窟寺院をあとにしたら夕食をとりましょう。その後ホテルにもどります。明日はコロンボへ戻ります。

おやすみなさい!

 

Day7 スリランカ帰国編はこちらからどうぞ

 

viagemxvida.hatenablog.com